淡雪のあわあわ日記

見ていただいてありがとうございます。お笑い、舞台、音楽などのライブレポや私の日常をゆるっと書いたブログです。ゆるゆるっとご覧いただけたら幸いです。

第35話「未知なる脅威、人の進むべき道」

赤石さんの目的がわかる今回!
ドキドキハラハラでした😄

 

  • ストーリー
  • 感想
  • 今回の気になる所

 

○ストーリー

 

朱美をギフデモスに変え、一輝、大二、さくらを圧倒した赤石。
完璧に打ちのめされる大二だが「俺たちが諦めない限り、負けじゃない!」と歯を食いしばる。

一輝は冷静さを失っているような大二を優しく諭すと、ベイルの言葉に不安を抱くバイスに、悪魔らしくではなくバイスらしく生きればいいと励ます。一輝は変わらぬ友情を約束、ようやくバイスも元気を取り戻す。

赤石が市民へ向けた演説をすることになった。フェニックスとして警備を任された大二は、一輝とさくらを会場に潜ませ、単独で赤石を襲い市民の前でその正体を暴くという作戦をたてる。ベイルやギフテリアンの襲撃に備えて、と言われる一輝とさくらだが、無謀とも言える作戦に一輝らは不安を隠せない。

赤石の市民へ向けた演説が始まった。
「我がフェニックスは人類が文明を捨て、ギフに服従するべきであると考えます」
その時、大二は演台に歩み出ると「この人の言うことを信じちゃダメだ!」と必死に訴える。

しかし、それもすべて赤石の作戦だった。赤石は自らをギフデモスに襲わせ、人類の無力さをアピールする。そして大二に仮面ライダーに変身させ自分を守るようにさせる。
やむなく大二はホーリーライブに変身するが、朱美であるギフデモスに苦戦する。そんな様子に赤石は人類の希望でもある仮面ライダーでもギフの力にはかなわないと訴える。

そこにベイルが出現し、さらに赤石は密かにギフと大量のギフテリアンを召喚する。パニックとなった会場で一輝、さくらもリバイス、ジャンヌに変身し立ち向かう。

必死で戦うも苦戦するリバイスたちに赤石はさらに人類の危機を訴えると、自らがギフデモスに襲われるシーンを演出する。
追い詰められたリバイスはギフを直接攻撃するが失敗し、皆が変身を解除するとギフにフェニックスベースを破壊されてしまう。

赤石の巧妙な作戦に圧倒された一輝たち。しかし、突然現れた光がなんと仮面ライダーオーバーデモンズに変身し一輝らを抱えて窮地を脱する。

衝撃的な敗戦に言葉すら出ない一輝やさくら。そんな彼らを見た真澄はウィークエンドとして堂々とフェニックスと戦う時が来たと悟る。

一方、大二はフェニックスベースの残骸を前にしてもフェニックスを守り抜くと取りつかれたように口にする。自らが息絶える演出から復活した赤石は、そんな大二を悪魔のような笑みを浮かべながら頼もしげに見つめる。

 

 

 


○感想

 

光君が変身しました!!
オーバーデモンズの情報はあったのですが、いったい誰が変身するんだろう??っと思っていましたが光君でしたね~!
次回予告的には玉置君も変身しそうな気配が…!!
楽しみです🌸


赤石さんは悪い人ですね~!
一枚も二枚も上手ですが、五十嵐家はどうなるのでしょう??
今後、世間が仮面ライダーという存在をどういう風に見るのか気になります!


大二君がだいぶ冷静を失っています。
まぁ、あれだけ信じていたフェニックスが赤石さんが作りギフと癒着があった上にそれが今、全部無くなってしまったのですから冷静ではなくなってしまいますよね😣
ここにカゲロウがいたのなら、少し気も楽になれたかもしれませんが今の大二君は正義しかありません。それは本来ならいいことなのですが、正義には絶対的な強さがないと成立できないので今の大二君には辛い所だと思います!
大二君が今後無茶しないことだけを祈ります!😣

 


○今回の気になる所

 

  • 赤石さんの計画
  • ギフについて
  • オーバーデモンズについて

 

今回のことで赤石さんの狙いがわかりましたね。
仮面ライダーがギフテリアン達と戦いヘトヘトになって太刀打ちできない状態を国民に見せることで絶望感を与えギフの支配下におさめようとしているようです。
その上で、不死の力を得ている自分がやられることで恐怖を煽ることができます。一般の人にはトラウマになるレベルの映像だったと思います。これでよりギフに従う人も増えたことでしょう。
もしかしたら仮面ライダーを開発したのも、ギフと対抗する為とダメだった時のパフォーマンス用に考えていたのかもしれません。
今後の予想では、赤石さんは死んだと思われているので影でギフを呼び市民を混乱させて目的を遂行しようとすると思います。
そんな時、大二君はどう行動するのか気になります。


オルテカが消えた頃にギフが復活をしてギフテリアンを自分で作ることができるようになっていましたが、今回人々の前に姿を表しフェニックスの人達を一瞬で消しその上でスカイベースも一撃で破壊しました。
明らかに力が増していることがわかります。
そして五十嵐家の3人は攻撃で苦しみ出していたのに対して光君は普通に攻撃ができていたのでギフの遺伝子が3人に作用していたのだと思います。
ギフが能力を使うと一輝君と大二君、さくらちゃんそして、元太さんにも影響が出てしまうのではないかと思います。そんな状態でギフと戦わないといけないのですから、早く対抗できる手段が作られるか、見方になってくれるライダー(デモンズなど)を強化して実用できるようにしなければ今後の戦いは辛いと思います。


今回光君がオーバーデモンズに変身しました。ですが、今回のデモンズはクワガタのスタンプを使っての変身ということもあって今までの見た目と違いどちらかと言えば仮面ライダーベイルよりです。
こちらのドライバーは、前回説明したように狩崎さんが改良してベイルに代わり、各種能力を飛躍的に高める人体強化エンジン「O.V.E.R.(オーバー)」が組み込まれているので、使用する人の中に潜む悪魔の力のみを抽出したドライバーです!
これにより暴走したり反発、使う毎に体力などが持っていかれることもなくなりました。
また今回、仮面ライダーオーバーデモンズの胸部装甲にエネルギー路「スタッグレッグ」というのがあるのですが、肩部の特殊武装「スタッグモジュール」と「デモンズドライバー」がダイレクトに接続され、全身各部へのエネルギー供給を超高速化できるようになりました。
これによって緊急時には伸縮させることで、戦線離脱時の要救助者の確保及び搬送を行うことができると書いてありました。
ということは、狩崎さんは今後の戦いにおいて負傷した人を助けれるようにとこの機能を付けたことがわかります。
それほど、大変な戦いが今後予想されるということなのかと思うので今からドキドキです!