淡雪のあわあわ日記

見ていただいてありがとうございます。お笑い、舞台、音楽などのライブレポや私の日常をゆるっと書いたブログです。ゆるゆるっとご覧いただけたら幸いです。

第18話『バディの軌跡、炎と氷の奇跡』

今回はフリオ君のお話の決着と一輝君とバイスが本当のバディになる胸熱展開でしたね🎵

 

  • ストーリー
  • 感想
  • 今回の気になる所

f:id:yukimiitigo:20220123003648j:plain


○ストーリー

ボルケーノバイスタンプのパワーに耐えきれず火傷の重症を負う一輝。急いで病院に運ばれ入院することになる。
無理をするなと言う大二にそれでもフェーズ3となったデッドマンズを人間と分離させたいと思って熱くなってしまったと言う一輝にさくらは自分の言葉のせいだと1人病室を出る。

すると病院内でフリオの姿を見つける。戦う気はないというフリオと屋上で話すことに。フリオは例え刺し違えてもオルテカを倒すつもりでいるが、もし自分に何かあった時はアギレラを守って欲しいとさくらに頼む。さくらはそれを引き受ける代わりに、陽介と会って欲しいと引き合わせることに。

一輝に狩崎は申し訳なかったと謝りそれでも分離を諦めきれない一輝に「最悪の場合、死ぬかもしれない」と警告する。

過去の裏切りを謝りずっと持っていたというカードを渡す陽介。そして改めて友達になってほしいと言う陽介の言葉にフリオの心も解けていく。引っ越しの日、陽介が来なかったことをショックに思っていたがその日不良グループにいじめられているのを見かけ助けることができなかったことを思い出し裏切り者は自分だと謝ろうとするが、オルテカによって陽介に捕まってしまいギフテリアンになってしまう。

怒りが頂点に達したフリオはウルフ・デッドマンライオットに変身する。今までよりも凄い力でオルテカ・デッドマンに襲いかかる。
なんとか攻撃をかわしてその場から逃走したオルテカだったが、ウルフ・デッドマンの怒りは収まらずジャンヌやライブの制止を振り切って暴れる。

一輝は病室でバイスに心のうちを話す。ある頃から自分に興味を持てず誰かに興味を持ってもらう為に人助けをしていたと告白する。そのせいでバイスにも危険な目に合わせてしまったと謝る一輝にバイスはそれは違うと言う。「俺には興味あるでしょ?」と言うバイスは俺たちは元々一つだったんだから同じだと言う。

改めて絆を強くした一輝はバイスを表に出し2人で狩崎からボルケーノバイスタンプを受け取り、ウルフ・デッドマンライオットの元へ行く。
再び仮面ライダーリバイボルケーノレックスゲノム、仮面ライダーバイスバリットレックスゲノムに変身する。そして炎と氷のコンビネーションによる攻撃によりウルフ・デッドマンを圧倒。ついにフリオと悪魔を分離させることができた。

力を失ったフリオにオルテカが襲おうとした所にアギレラが攻撃し守る。私を1人にするの?という問いにフリオは大泣きする。そしてアギレラは「フリオ、スマイル!」と優しく頭を撫でて笑う。そのままアギレラの力で姿を消す2人。

その頃フェニックスの本部では、発光し鼓動が強くなるギフの棺の前に赤石長官が不敵な笑みを浮かべていた。そして門田は医師の朱美にデモンズの変身を禁止するように言われる。

戦いを終えてバイスにおぶられながら大二、さくらと家路に急ぐ一輝。疲れたから交代とふざけるバイスに3兄妹は笑う。

 

 

 


○感想

フリオ君~~~😭
いやぁ、まさか目の前で陽介君が死んでしまうなんて思ってなかったから!
それはかなりショックだしオルテカ君を恨みますよ❗

というか、オルテカ君は、本当にちゃんとした悪役ですね~!
自分は逃げたり不意打ちに襲ってきたりと卑劣です!
でも、だからこそちゃんと悪役って感じがして良かったです❗

アギレラちゃんが本当に可愛くって!あれじゃあ、フリオ君じゃなくっても救われるし好きになっちゃうよ~😆♥️
本当に素敵なシーンでした✨

今回のもう1つの見所のバトルシーンは炎と氷のCGがとてもかっこよくスピードも速くって見入ってしまいます😄
そして、ここぞで入るOP曲!
前回はカゲロウ戦の時だったのですが、やっぱり曲が入るとカッコいい❗映像ももちろんですが、音楽と相まって凄くカッコいいシーンでした

次回はヒロミさんが危険な感じなのでどうなるのか、今からドキドキです!

 

 

 


○今回の気になる所

  • フリオくんについて
  • 狩崎さんについて
  • ボルケーノバイスタンプについて
  • 赤石長官について
  • ヒロミさんについて


今回、フリオ君はリバイスによって分離することが成功しました。これによって、フェーズ3になるにはまた契約をしないといけない状態です!
ですが、前のように裏切られたという恨みがない状態では前のようになれるか…。
オルテカ君に対してはかなりの恨みはあるかと思いますが、今はショックが強すぎて変身できないかと思います。
今後のフリオ君は、どうなるのでしょう?
今考えられる選択として、人間としてアギレラちゃんの側にいるもしくはアギレラちゃんをさくらちゃん達に託しフェニックスに捕まりオルテカを捕まえる手伝いをする。
全てを失いアギレラちゃんだけしかいない状態のフリオ君にとって、またデッドマンとして変身をするという選択はなかなかできないと思います。
でも、守りたい気持ちは凄くあると思うので五十嵐家と接触するんじゃないかなぁ?なんて思っています。 


狩崎さんはどこかマッドサイエンティストのような所があるように見えましたが、今回一輝君が怪我をした際にしっかりと謝罪をしています。
まだこの段階なら一輝君が勝手に持ち出したことやトレーニングがまだ中途半端だったことなど言い訳はできますがそれにしてもついても言っていません。
その事からしっかりと自分の技術に向き合うことが出来、相手の体を労ることのできる人だと言うことがわかりました。
これが一輝君だからなのか、全て人に対してなのかまではわかりませんがある意味狩崎さんを見直した所でしたね❗


ボルケーノバイスタンプでは、フェーズ3になったデッドマンを分離させることはできますが、ギフテリアンになった人はその段階で魂を食べられてしまっているため戻すことが出来ないとのことです。
今後の課題はギフテリアンになった人を戻すことができるようなスタンプの開発ではないでしょうか?
オルテカ君を捕まえられれば一番ですが、その間にギフスタンプを使われてしまえばその度に倒さなくてはいけなくなります。そして、その時一輝君は後悔が強くなってしまうと思うのでいずれ開発などされるのではないかなぁ?と思っています。
今回のボルケーノでは変身も今までの物と違います。今までは後ろにLINEの画面のように言葉が流れバイス君がスタンプを押印することで仮面ライダーになっていましたが、ボルケーノは大きな卵のような所に一輝君が入っており、溶岩が周りに流れる演出になっていて心臓とドクンと心電図が動く映像があります。
この心臓が何を意味しているのかまだわかりませんが、とにかくこの作品には心臓がキーだということだけはわかりました。


今回赤石さんが怪しく光ギフの棺の前で言った言葉は「人間万事塞翁が馬」でした。こちらの言葉は、『幸せが不幸に、不幸が幸せにいつ転じるかわからないのだから、安易に喜んだり悲しんだりするべきではないという例えです。 また、人生において、何がよくて何が悪いのか、後になってみないとわからない。』 という意味もあるようです。
赤石さんがいったいどういうつもりでこの言葉を呟いたのかわかりませんがギフの棺について少なくとも知識があり何かを企んでいるのだと思います。
今後も要注意していきたいと思います❗


今回、ヒロミさんが診断にて『内臓、血液など全てが80歳オーバー』の状態ということがわかりました。
心臓系の病気などかと思っていましたが、見た目以外の所が歳をとっていっていたようです。
確かにその年齢だとすると体力も急に落ちて疲れやすくもなっていたのだと思います。
変身の度に年齢をとっていったのを考えるとまさに命をかけて変身をしていたことになります。
今後、ヒロミさんが変身を止めた時に年齢が戻るのか?
それよりもヒロミさんは変身を我慢できるのか??
次回が大変なことになりそうなので今から心配です😣