淡雪のあわあわ日記

見ていただいてありがとうございます。お笑い、舞台、音楽などのライブレポや私の日常をゆるっと書いたブログです。ゆるゆるっとご覧いただけたら幸いです。

第14話『司令官は…デッドマン!?』

今回もドキドキの展開の30分でしたね~✨
もう今から続きが見たい状態ですが何があったか順番にご覧ください❗

  • ストーリー
  • 感想
  • 今回の気になる所

f:id:yukimiitigo:20211218025514j:plain

○ストーリー

デッドマンズの組織ではアギレラが結婚式の準備が行われていた。生け贄の2人もギフに選別をしてもらうように提案すると、その前にやるべきことがあると言う。

狩崎が裏切り者に疑わしい人物の名前を言う。それは若林司令官だった。門田と大二は激しく動揺していた。門田は信じられずにいたが、式典の時のマンモス・デッドマンが襲撃してきた時の犯人がわかっていないのにスタンプを若林から渡され回収できたこととスタンプの正式名称をカメレオン・デッドマンが答えられたことから間違いないと狩崎が言う。そして次に狙われるのは密かに管理しているギフスタンプだと。

一輝との戦いに敗れ生き方をも否定された工藤が準備中のしあわせ湯に現れた。土足のまま入ってくる工藤に激しく怒る一輝に工藤は、バイスタンプを使い サーベルタイガー・デッドマン フェーズ2 に変身する。一輝もリバイに変身し迎え撃つ。

一方、さくらは学校で誰がジャンヌなのかネットで話題になっていることを知る。バレないように惚ける中、さくらを狙って学校に天彦が現れ、プラナリア・デッドマンを召還する。学校がパニックの中、ジャンヌに変身しようとするもクラスメートに邪魔されドライバーを出すことも出来ずにいた。

狩崎らはギフスタンプを盗もうとする若林に罠を仕掛け、逃げられないように周りを固めることに成功する。なぜ裏切ったのかと若林に憧れていた門田は、銃を向けつつも動揺が隠せない。信じられないなら撃ってみろと言う若林に大二は「ダメだ!」と門田に声をかける。

サーベルタイガー・デッドマン フェーズ2の強さに手を焼くリバイとバイス。そのまま勢いに乗る工藤は、一輝に前に自分に何と言ったか聞き自分に説教した言葉を撤回しろと言う。その上で一輝の正しい生き方を他人に押し付ける所をエゴイストで人の心がわかっていないと罵る。その言葉にリバイは動揺し、思うような攻撃ができなくなってしまう。
そんなリバイにバイスは、「一輝は一輝の好きなようにやればいい」と声をかけ、リバイの目を覚まさせる。復活したリバイは、リミックスを発動しサーベルタイガーの牙を破壊し一気に勝負を決める。

変身出来ずに戸惑うさくらをからかう天彦は、クラスメートをプラナリアにすると発言するとさくらの怒りが頂点の達した。クラスメートの前でジャンヌに変身する。天彦もフリオに無理やり契約させられ、プラナリア・デッドマン フェーズ2に変身する。デッドマンになってしまったことに苛立ちつつもジャンヌに挑むも、ジャンヌの怒りのライダーキックを浴びてあっさりと契約解除に追い込まれる。

心の弱さをつかれた門田が逆に人質になってしまう。本物の若林は任命式の日にカメレオン・デッドマン フェーズ2によって命を奪われ、その日以降カメレオンが若林に化けて生活していた。正体を現したカメレオン・デッドマンは狩崎からギフスタンプを手に入れると立ち去った。

カメレオン・デッドマン フェーズ2からギフスタンプを手に入れ、生け贄候補の3人が無事にギフテクスになったことでアギレラらのギフ復活へ大きく前進する。喜びを露にするアギレラだったが、オルテカから最後の生け贄はアギレラだと告げられる。
「私が…生け贄…?」と驚きが隠せないアギレラ。オルテカの狙いとは?

 


○感想

ヒロミさん辛い…😭
憧れていた人が実は裏切り者だし、ましてや死んでいたなんて辛すぎるだろうなぁ。きっと脳内で大泣きしていると思うから早くティッシュを渡してあげて~‼️

さくらちゃんは、本当女子高生って感じで可愛いですね~
学校の感じとかリアルで好きでした😄
きっとクラスでも頼れる存在なので友達がベッタリくっついていたんでしょうね🎵たぶん女子人気も高い子だと思います❗
天彦との戦いなど面白く良かったです🌸

アギレラちゃんの幼女時代も可愛かったですね~
黒いシスターみたいな人達は、一体誰なのでしょう?
今回最後の生け贄だとオルテカから言われてしまっていましたが、信じていた人に裏切られる状態で辛いです😣
次回どうなってしまうのでしょうか??

今週のパパさんは、朝5時起きで生クリームを作りカフェで出そうなパンケーキを朝ごはんとして作ってさくらちゃんを喜ばそうとしている所がとっても可愛らしかったです❗
私だったらクリームいっぱいで食べてしまうよ~😁
いつかコラボカフェなどで、このメニューとかできないですかね?
待っています❗

 

 


○今回の気になる所

  • 選別とは
  • ヒロミさんについて
  • 若林司令官について
  • アギレラちゃんについて
  • 今後のデッドマンズについて

ギフ様に選別された人だけがギフテクスになれるようです。その際に選ばれないとシュッと消えてしまうそうです。アギレラちゃんが軽く言っていたのとフリオ君とオルテカ君が普通にしているので過去に何人もの人が消えてしまった現場を見たのでしょう。今までこの2人しかいなかったことからかなり狭き門と言った所なのかもしれません。
選別の際にはギフ様から出た赤い光が生け贄候補の人を囲うことで契約書が出て3つ目のスタンプが押印されます。そうすることで、元の人間の姿と同じ状態になりギフテクスになることができるようです。

 

ヒロミさんは、もともと若林さんに目をかけてもらって今の地位に付くことができたようです。きっと失敗した時に励ましてもらったりと恩がいっぱいあるんだと思います。
そんな人が実は裏切り者だったと言うだけでも辛いのに実はもういないとなるとかなりのことだと思います。
今までヒロミさんは、誰かを守る為にという目的で仮面ライダーとして変身してきました。その為、ヒロミさんだけ自分の悪魔がいない状態でした。
しかし、ここで大きな憎しみを作ったことで初めてヒロミさんの中に悪魔を具現化することができるようになるのではないのでしょうか?
なんて展開がきたらちょっと面白いなぁ~なんて思っています😄

 

若林司令官は第1話の最初の所までが本人でその後からは、カメレオンです。その段階で疑われることなくスカイベースに潜り込めみ若林司令官の所に行けるということはフェニックスの団員だったのかもしれません。
すぐに顔を変えることが出来たことと、名前をフルネームでいうことができているので初めからカメレオンさんは若林さんのことを狙っていたのかもしれません。その為に、フェニックスに入隊して様子を伺い癖や振る舞いを覚え入れ替わる準備を進めながらフェニックスで保管していたスタンプを何個か盗みデッドマンズに渡していたんではないかなぁと思います。
それにしても、カメレオンさんが若林さんに手を当ててそのまま消すのはどういう技なのでしょうか??
ずっと入れ替わる人は消えてしまうのかそういう技がありどの相手にも使うことができるのでしょうか?
それによっては一番強い敵ということになりそうです😣
まだカメレオンさんについてはわからないことがいっぱいです。一つわかることはオリジナルの自分の姿が嫌いでカメレオンもしくは若林さんの姿を気に入っていることです。身長も若林さんよりも小さくがっちりした後ろ姿でした。
一体誰なのでしょう??

 

アギレラちゃんは、幼い頃からギフ様に選ばれた特別な存在と言われ育ってきました。周りの人はシスターのように黒い宗教服を着て洋館のような建物で暮らしていたようです。
あれだけでは、養護施設なのか大きなお屋敷に引き取られたのかは、わかりませんでした。
ただ周りの人間は甘いことを言って幼い子供を信じこませて自由を奪っていったんだろうなぁというのはわかりました。
そんな中では、デッドマンズという組織にとっては都合のいい子が出来上がってしまったのでしょう…。ずっと信じこんでいた物が崩れる瞬間ということである意味ヒロミさんと同じ体験を同じ日にしたということになりますね。

 

今回デッドマンズの基地の中でいつものメンバー以外の人達が花びらを用意していたりしていました。服装からアギレラちゃんが小さい頃に話していたシスター風の人達と同じでした。なので生け贄以外の幹部などはそういう格好で裏方をしていたのかもしれませんね。
アギレラちゃんが生け贄だとオルテカ君から告げられましたがフリオ君も同じくらい驚いていました。このことから知らされていなかったのは、アギレラちゃんとフリオ君だけだということになります。
きっとフリオ君が、アギレラちゃんに対して憧れもしくは好きだと思っていたのに気がついて下手に騒がれるのも困るので隠していたのではないかと勝手に思っています。
アギレラちゃんをもともと許嫁としてギフ様と結婚するというのが本当で途中から計画が変わったのか嘘なのかで大きく変わってくるんじゃないかと思います。
もし元々は、ギフ様の許嫁(貢ぎ物)としてと考えていたなら組織の中で分裂して新しい考え方を持ったオルテカ君達が勢力を持ったということになりそうですし、最初から嘘ならオルテカ君はそのことを初めから知った上でのお目付け役(逃げ出さない為)として見張っていた存在ということになりそうだと思いました。

 

 

次回どうなるのかわかりませんが、とても楽しみです🌸

 

 

[http://:title]

 

[http://:title]